わかるという体験に基づいた教育

未来に向かって走り出す若者を育てる高橋壮志の教育。
30代に入った彼は、子供が好きという自分の特徴を仕事に変えて、今は教育現場に携わっており、中学生を受け持っています。
人に教えるということは、一見すると難しく感じるかもしれません。
でも、彼の場合は「わかる」という体験を大切に、一人一人に細やかな教育を施しているので、無理なく伸ばすということを実現させています。
こうした仕事に対する力の入れ具合は、数多くの中学生に触れ合っているからこそのスタイルです。

教育的な支援を行う高橋壮志のスキル。
一貫した教育の積み重ねは、普段の学習を繋ぎ合わせる役割を持っています。
それを丁寧に行うのが、高橋壮志のポリシーです。

休日は映画観賞や居酒屋で一人静かに日頃の疲れをリセット。
オンとオフをきちんと使い分けているのが、仕事への全力投球を可能にしているのでしょう。
子供のために何ができるかを考えた時、人生の先輩としてできることを貫くプロ精神が、日頃のサービスにも活かされています。
ひまわりサーチ 弁護士詳細情報 | 高橋 壮志