ソフトバンクの高速wifiルーターに注目

インターネットは、今ではスマートフォンやタブレット端末の登場以来、誰でも気軽にどこでも利用できる時代となりました。
それに伴い、高速モバイルデータ通信の重要性が高まり、wifiルーターの高速化の進歩と普及への取り組みが成されるようになりました。
プライベートの生活や会社での仕事に欠かせないインフラとなった高速モバイルデータ通信ですが、ソフトバンクの高速wifiルーターのULTRA WiFi 4Gは、史上最速の下り最大110bpsを実現し、他社の高速wifiルーターと比べ注目に値します。
この高速モバイルデータ通信には、モバイルインターネットに最適なAXGPシステムを世界に先駆けて用いることにより、次世代の超高速通信サービスを可能にしました。
現在のソフトバンク4Gエリアは主要都市が中心ですが、全国へ拡大中で今後は様々なエリアでも超高速通信が利用できるようになります。
また、4G対応で下り最大76bpsの通信方式の異なるタイプで、現在では利用エリアの広いタイプの高速wifiルーターもあるため、インターネットの利用状況などを考慮して選ぶことができます。
なお、ソフトバンクでは、スマートホンユーザー向けのセット割引や4Gデータ通信での割引などのサービスが利用できる場合もあります。