歯周病は生活習慣と関係がある病気?

歯周病の発症リスクを高める、または進行リスクを高める要素があります。
その要素というのは日常生活の中にもあり、排除することによって歯周病の発症や進行を防ぐことにつながります。
そしてそれと同時に、歯科医院で歯周病の有無を定期的にチェックするなど、予防に取り組むことが大切です。
神奈川県藤沢市で歯周病の予防や早期発見治療をするのであれば、藤沢駅より徒歩4分のゆめの森歯科ふじさわは良いでしょう。
歯周病に関する詳しい解説も、Webサイトの藤沢駅の歯医者ならゆめの森歯科ふじさわに掲載されており、たいへん役に立ちます。
http://www.yumenomori-fujisawa.com/

歯周病リスクを上げる日常生活の要素についてですが、まずはタバコをあげることができます。
タバコに含まれているニコチンをはじめとする有害物質のせいで、歯茎の血行不良を招いたり、免疫力がダウンしたり、唾液の分泌が悪くなったりということがあわさって、歯周病リスクが高まってしまいます。
また、食生活も歯周病に影響します。
糖分の過剰摂取、間食の頻度が高い、軟らかい食べ物ばかり摂っているなど、あてはまる人は口内で歯垢が蓄積されやすくなります。
ほかにはストレスも歯周病に影響し、ストレスが多いと唾液の分泌が低下し、口内を洗浄するパワーが下がって歯周病リスクが上昇してしまうのです。