弔電を送らなければならない時

知人が亡くなって、遠隔地にいる・多忙などの理由で、お葬式に参列できない事情がある場合や、参列するほどの間柄ではなかったが、弔意だけでも表したい時というのはあるものです。
そのような場合には弔電(ちょうでん)を送るとよいでしょう。
弔電は、電話回線などを使って電信文を送り、取次店でお花や刺繍のついた額や封筒に電信文をしたためて先方へ送り届けてくれるサービスです。
郵便よりも早く届く事や、定型文を利用できる事、先方でも取りまとめやすい事などのメリットがあります。
一般的に利用されているので、相手の状況や宗教如何を問わず、角が立たないという事もあります。
懇意であれば弔電を打ったあとで、喪があけてから連絡を改めて取ればよいでしょう。